UK Flag China Flag Japan Flag

ベクター精密研削盤

カスタマイズが標準に

Vector Japan 2020-05-11T11:11:25+00:00

高品質な量産

vecor-logo

カーチス マシンツールは、プロダクションの研削ニーズに対応して、サブミクロンの公差内で動作するVector™範囲のCNC研削盤を開発しました。

標準サービスの一部として、お客様のプロセスに合わせてベクター マシンをカスタマイズします。

これにより、作業の位置決め、研削、自動処理などの様々なオプションを使用して、将来を見据えた生産を保証します。

私たちはお客様のパートナーとして、継続的なコラボレーションを通してプロダクションを最適化するためのサポートをします。

基本ユニット:

ベクターの基本ユニットは、研削と部品処理が完全に統合されたコンパクトな小型部品製造研削盤です。

各ベクター マシンは、ニッチなアプリケーションやソリューションに合わせて柔軟に設計できます。CMTは、ベクター研削盤を完全にカスタマイズして、プロセス内で機能させることが可能です。

研削プラットフォーム:

すべてのベクター マシンは、シングルおよびマルチ研削、または短い外形の研磨のために、長い放射状のストロークと短い軸状のストロークを備えた同じ研削プラットフォームを共有しています。研削砥石ガードには、ワークヘッド位置決めツール(ワークヘッドの前面に装備)、作業物、プロセス中測定器、研削砥石、ドレッシング ディスクが内蔵されています。

研削液、ミスト、廃棄物は内部に保持され、密閉された砥石覆いの底から排出されます。

作業の位置決めと操作:

様々な作業の位置決めおよび操作ソリューションがご利用いただけます。ベクター マシンは、オプションのインプロセス測定器を使用して、直線または角度のあるものに応じて構成することも可能です。

部品の保管とバリ:

マシンの機能には、3軸ロボットと移行部品の保管エリアが組み込まれています。部品は、引き出しを使用してパレットに保管するか、リンクされた直線軸を使用して出し入れできます。事前測定および事後測定、オリエンテーション、バリ取り、洗浄、検査などの二次プロセスが可能になります。

CMTは、作業の中断を最小限に抑えながら、幅広い製造システムまたは生産ラインに導入できるようにベクターマシンを設計しました。

vector-production-grinder

当社のベクター製品がどのようにプロダクションを最適化するのか?

標準の3年間保証。ベクターの一連の加工研削ソリューションは、信頼性の高い精度と高いサイクル速度を提供します。 マシンはシンプルで経済的な設計のため、計画外のメンテナンスは稀です。マシンの摩耗部品は、寿命が長く、簡単に交換できるように設計されています。3年間の保証は、6000時間のCMTサービスと2000時間ごとのメンテナンスプランに基づいています。

標準のカスタマイズ。 CMTは、作業の取扱い、保持、砥石のドレッシング、規格、計測管理のための幅広いオプションを提供します。部品の向き、事前測定、バリ取りなどの追加操作もご利用可能です。

将来を見据えたプロダクション。 初期のアプリケーションが終了すると、大幅に異なる新しい精密研削要件が生じる場合があります。CMTは、機械の改造と再認定を含むフィージビリティスタディ サービスを提供します。必要に応じて、現在のベクター標準または業界標準に合わせてマシンを更新できます。

ヒューマン ファクター。ベクター研削盤は、利用可能な床面積と労働力の出力を最大化するように設計されています。部品保管システムが組み込まれているため、操作員の立ち入りが少なく、設置面積が小さく、マシンのコンパクトなセル構造と一貫性があります。

クリーンネス。小さな研削囲いにより、汚れや破片を研削液で完全に洗い流すことができ、操作員との接触がなくなります。これにより、作業部品が清潔に保たれ、機械の寿命が延び、安定性が向上します。

一貫性。 ベクターの小型で堅牢な構造により、優れた熱安定性と高い静的/動的剛性が実現し、ウォームアップ時間とスパークアウト時間が短縮されます。

ニーズに合わせたベクター マシンのカスタマイズを、当社の標準サービスとして提供しています。

ベーシック – 従来のワーク ホールドとデカルト ロボット ワークピース ハンドラーを備えたベクターコア マシン。ベクター ベーシックの適用範囲は広く、他のコンポーネントやアプリケーションの将来の型取り替えにも素晴らしい選択肢となります。

同心円– スチール製コントロール砥石、ワークレスト ブレード、および「同心円」加圧ローラーを備えたセンターレス研削盤。 ベクトル同心円は、通常、円筒形のボディを持つ部品の二次操作に使用されます。装填は、ホッパーまたは振動フィーダーを介して実行できます。

ツイン – ベクター ツインには、インデックス ツイン スピンドルワークヘッドが組み込まれており、研削プロセスと並行して装填といくつかの二次操作を実行できます。これにより、粉砕時間が短い場合に生産性が向上します。
GFS – プラーユニットとカットオフ ブレードを備えたバーフィードユニットにより、部品をソリッドロッドから研削できます。取り外しには、重力またはロボットを使用します。ベクターGFSは、研削する部品の直径が5mm未満の場合に便利です。

ロータリー – ベクター ロータリーは、プログラム可能な「B」軸に取り付けられた特別なワークヘッドを使用します。3軸同時補間は、プランジ研削に適していない材料の形の加工に使用できます。

クアッド – ベクター クアッドは、大量生産のために革新的な4つのスピンドル ワークヘッドを使用しています。これにより、プランジ研削またはピール研削のいずれかによって2つの部品を同時に研削することができ、部品は2番目のスピンドルで交換されます。これにより、生産効率を2倍にできます。

最大砥石径 – 457 mm
最大砥石幅 – 50 mm
砥石穴径 – 152 mm / 203 mm
研削スピンドル出力 – 5.5 kW
最大ホイール速度 – 5000 rpm
X 方向への移動 – 190 mm
Z 方向への移動 – 60 mm
ワークヘッドプラットフォーム高さ –
150 mm
制御システム – シーメンス840D
軸の最大数(ロボットを含む)– 8
ロボットとドロワー システム
ペイロードワーク + グリッパー – 6 kg
U – V – W軸の移動量 – 780 mm x 450 mm x 340 mm
パレット面積 – 2 x 325 mm x 325 mm

ワーク サイズ ガイド
最大直径 – 110 mm
センター間の最大長 – 160 mm
2つのプランジの最大長 – 100 mm
最大砥石径 – 457 mm
最大砥石幅 – 50 mm
砥石穴径 – 152 mm / 203 mm
研削スピンドル出力 – 5.5 kW
最大ホイール速度 – 5000 rpm
X方向への移動 – 190 mm
Z方向への移動 – 60 mm
ワークヘッド プラットフォーム高さ – 150 mm
制御システム – シーメンス840D
軸の最大数(ロボットを含む) – 8






UK Flag China Flag Japan Flag France Flag Korea Flag German Flag