UK Flag China Flag Japan Flag

ターボチャージャー インペラーの生産

カスタマイズが標準に

Turbocharger Impeller Japan 2020-05-11T11:19:50+00:00

当社のベクター製品でターボチャージャーのインペラープロセスを最適化するには

より高速なターボチャージャー インペラー研削(輪郭と溝):

CMTのエンジニアは、ベーン研削の幅広い経験と知識を持ち、オーダーメイドでお客様のプロジェクトを直接サポートします。ベーンの仕様で実際に実現可能なことについて、専門的な意見をお伝えします。

ターボチャージャーのインペラ研削では、ワークピースは研削が困難な高耐熱合金で作られています。CMTは、お客様のニーズに合わせてこの精密研削プロセスをカスタマイズする専門家です。

ベクター スピンドルの高い剛性により、高速の金属除去率が可能になります。中量生産では、従来の研削盤を備えたベクター ベーシックを使用して、溝にプランジ研削し、一緒に形成することができます。 大量生産の場合、超砥粒盤を備えたベクター ツインは、最適なスピンドル使用率を実現します。

CMTは、ターボチャージャー シャフトと研削盤アセンブリ、特にインペラプロファイルとオイルシール溝を研削するための完全なオートメーション システムも作成しました。これにより、生産時間が短縮されます。

ターボチャージャーのシャフトとホイール – カスタマイズが標準に

ターボチャージャー 生産 マシンの最終設計ソリューションには、多くのオプションがあります。パーツの取り扱いは、マルチ ポジション パレット、スルー コンベヤを備えたシングル パーツ パレット、またはパレットを使用しないリニア トランスファーで行うことができます。オプションには、さまざまな機能検出システムとともに、プロセス後の測定およびバリ取りが含まれる場合があります。

CMTは、使用する研削盤と研削液のタイプ(ビトリファイドCBNまたは従来型のエマルジョンまたはニートオイル研削液など)と、これらのオプションの利点を査定する方法を案内します。ホイールのドレッシングをダイヤモンド ロールまたはダイヤモンド ディスクのどちらで行うかについてもアドバイスいたします。

Impeller grinding machine at work

CMTは、多様なサイズの様々なターボチャージャー コンポーネントの処理を可能にするフレキシブルな装填システムを作成できます。

Impeller grinding machine at work

この単一部品供給システムにより、多様なサイズの様々なターボチャージャー コンポーネントに対応できます。

Impeller grinding machine at work

付随のバリ取り プロセスにより、コンポーネント研削後のバリ取り、およびマシンからの取り出し前のバリ取りが可能になります。

Impeller grinding machine at work

CMTは、このターボチャージャーの装填 – ターンアラウンド – 取り出しシステムを設計して、部品の交換を高速化しました。

Impeller grinding machine at work

最新の「ギャップ アンド クラッシュ」センサー テクノロジー搭載のテール ストック サポートを使用して、プロファイル研削の準備が整った位置に固定されたターボチャージャーは、研削サイクル時間を可能な限り短縮します。

Impeller grinding machine at work

このターボチャージャー パレット供給システムは、同じサイズの部品の最適化されたプロセスを可能にします。






UK Flag China Flag Japan Flag France Flag Korea Flag German Flag